腟カンジダの症状に

腟錠とクリーム・何が違う?どう使う?|腟カンジダの再発と再発による外陰部のかゆみにエンペシドLシリーズ

腟カンジダに効果的な 再発治療薬 エンペシドLシリーズについて

腟錠とクリーム・何が違う?どう使う?

エンペシドLシリーズには、腟内部と外陰部に効果がある腟錠と、外陰部に効果があるクリームがあります。
腟錠とクリームをどのように使えばいいのか、3つの症状に応じてご説明します。

1.腟及び外陰にカンジダ症状がある場合

  • 腟カンジダの症状が腟内部(おりもの、熱感等)にある。
  • 発疹を伴う外陰部のかゆみがある

エンペシドL(腟錠)とエンペシドLクリームの
併用が望ましいです。

®ドイツ・バイエル社登録商標

腟カンジダ症状の6割は
腟と外陰部に症状

「直近の腟カンジダ再発時の症状」のアンケート調査※1では、腟および外陰部の両方の症状がある方が6割以上にのぼることがわかりました。

グラフ:腟カンジダの症状 6割以上が腟内と外陰部、両方に症状

※1 インターネットによるアンケート全国の10~50代の女性(n=300)バイエル薬品調べ

2.腟のみにカンジダ症状がある場合

  • 腟カンジダの症状が腟内部(おりもの、熱感等)のみにある。
  • 外陰部に発疹やかゆみなどの症状はない

エンペシドL(腟錠)を使用ください。

®ドイツ・バイエル社登録商標

3.腟の外陰部にカンジダ症状がある場合

  • 腟カンジダの症状が腟内部(おりもの、熱感等)にない。
  • 外陰部に発疹やかゆみなどの症状がある。

エンペシドLクリームを使用ください。

ただし、腟錠(腟に挿入する薬)を併用することが望ましいです。
※腟内部の症状(おりもの、熱感等)を伴う場合は、必ず腟剤(腟に挿入する薬)を併用ください。

®ドイツ・バイエル社登録商標

デリケートエリアのかゆみ止め
軟膏との違いは?

市販されている、一般的な外陰部のかゆみ止め軟膏は、下着やナプキンなどの摩擦やムレなどによる一時的なかゆみを鎮めたいときには、とても有効です。

かゆみ止め軟膏だけでは
完全に治療ができない

でも、かゆみが長引いたり、繰り返す場合、腟カンジダ症など真菌が原因となっている疾患の可能性があります。この場合、かゆみ止め軟膏だけでは完全に治療が出来ません。初診の場合は病院で診察を受けるか、再発時には腟カンジダ専用の市販薬を使用しましょう。

参考図書:「産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話」アスコム,2018年

腟カンジダの再発、
デリケートな部分のかゆみ・かぶれに
お薬が購入できます

腟カンジダの再発治療薬

※本剤の使用は以前に医師から腟カンジダの診断・治療を受けたことのある人に限ります。

早わかり! エンペシドLシリーズの買い方

エンペシドL(腟錠)と
エンペシドLクリームを購入

薬剤師のいる薬局・薬店・ドラッグストアでご購入いただけます。

エンペシドL(腟錠)を購入

WEBからご購入・もしくは薬剤師のいる薬局・薬店・ドラッグストアでご購入いただけます。

エンペシドLクリームを購入

薬剤師のいる薬局・薬店・ドラッグストアでご購入いただけます。

※WEBからはエンペシドL(腟錠)のみが購入可能です。

デリケートな部分のかゆみ・かぶれに

エンペキュアを購入

WEBからご購入・もしくは薬剤師のいる薬局・薬店・ドラッグストアでご購いただけます。

TOP